スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 毎日の学習習慣付け***その2

「毎日の学習習慣付け」という記事にコメントを頂きました。

ごめんなさいね。なんだか少し違和感を覚える 
のは私だけかしら?

抹茶母さんのおっしゃる事、素敵な事だとは思います。

うちでは、何か継続して行う事を(プリントもしていますが

それだけをさしているのではありません)わりと重要視しているからかもしれません。 

泣いてもわめいてもするか否か、、。 

当然、しないでしょう。

そうなるのは、与える側の誤りに 
よってそうなるからです。

先取りする必要はないと言いますが、小学校から始める

事を幼児期にするのがその子にとって適当な時期であれば 

別に先取りでも何でもないと考えています。

しかし、自分の考え一つで将来病気になるかも知れぬとなれば大変な事です。



毎日に継続は幼児 
からでは早すぎるのでしょうか。

それならばいつ頃が適当なのでしょうか。 

少し整理されぬままコメントしてしまったので 

不快に感じるかもしれませんが、お許しくださいね。

しかし他の方のお考えももしかしたら聞けるのかなと

思いコメントさせていただきました。


長くなりそうだったので、コメント欄ではなく記事でお返事しますね。

まず、「小学校から始める事を幼児期にするのがその子にとって適当な時期であれば
別に先取りでも何でもない」というのは、私も同意見です。
実際、ギフテッドチャイルドは一般的な子よりも早く深く学ぶと聞きます。
そうした子の場合は、むしろ先取り教育が自然です。
ギフテッドまでいかずとも、子どもの発達や興味に合わせて教育的環境を
整えてこられたご家庭では、結果的に先取り教育をしてしまうだろうとも思います。
そういう意味では「子どもの発達に合わせた結果的な先取り教育」は
昨今当たり前なのかもしれません。

けれども、私は「子どもの発達に合わせた結果的な先取り教育」と「毎日の学習習慣付け」
は別物だと考えています。
本当の学習習慣というのは、「もうすぐ小学校に行くからお勉強する!」、
「最近勉強が難しくなってきたからまじめにやらなきゃ」等、子どもの内的感情があって
はじめて身に付くものだと捉えているからです。
そうした子どもの内的感情が育つ前に、親や指導者という絶対的な立場から義務化させてしまうと
学習目的がおぼろになってしまうような気がしています。
幼児はまだ目的を持って先を見通すことが出来ないため、「やれと言われたからやっている状態」
になりかねない…という懸念があるのです。

もちろん、yuntayunさんのお子さん、コモちゃんがそうなる…ということではありません。
コモちゃんは抹茶とは比べ物にならないくらい賢い利発なお子さんですから、
既に毎日の学習に対し、意味付けが出来ているのでしょう。
ユングの性格論を持ち出して話をするなら、コモちゃんは感覚型で、
毎日の学習をコツコツとストレスなくこなす事が出来るタイプなのかもしれません。
そうしたお子さんでしたら、毎日の学習習慣付けが鬱病を生む可能性云々~はないと思います。

ただ、抹茶に関して言うのであれば、彼女はまだ毎日の学習に対する意味付けを内的感情として
持っていないため、コモちゃんのように学習習慣を付けるには時期尚早なのです。
一般的には、抹茶のようにまだまだ学習への意識も薄い子が普通でしょうから、
そうした子へのプリント学習習慣は慎重にするべき…ということです。

児童心理学者のピアジェも思考発達段階説で、
「具体的操作期(7~12歳)になると、可逆的操作も行えるようになり、
自己中心性も脱し、他者との相互作用の中での思考が可能になる」
と述べています。
ピアジェに対する批判はここでは置いておくとして、私は”7歳から学齢期”という
現行のシステムはなかなか良く出来ているな~と感じるのです。
シュタイナーも「7歳までは夢の中」と言っていますよね。
多くの科学者達も「幼児期は五感を使った自主的な遊びこそが学び」と言っています。

そうしたことを踏まえると、「いつ頃が適当なのでしょうか」という問いには
「一般的な発達の子ども達には7歳(就学時)から習慣付けを開始して、
12歳まで(中学受験する場合は9歳)に習慣付けが完成していれば適当なのではないか」
というのが、私なりの返答です。




虹色教室通信でもなおみ先生は「脳への容量自体を大きくするということ」
「脳への容量自体を大きくするということ 2」という記事の中でこう書かれていますよね。

つまり脳そのものの機能を育てている時期には、
皮膚から、視覚から、身体全体から情報を取り込み、
さまざまな視点で物が考えられるように育っていかなければ
ならないはずです。

(中略)

最近の幼児教育は、親が自分の頭でイメージできる枠内で子どもを賢くしようとするあまり、
わざわざこの能力が低い人工知能に対するような接し方ばかりしているように感じます。

情報をわざわざ「プリントに印刷して」小さくして、繰り返しインプットしていくという……
まるでプログラミングでもしている感覚で子どもに教育しようとしているからです。


私も同じ想いです。
幼児期は五感を使って情報を取り込むべき時期で、
それは毎日のプリント学習にも勝る経験だと思っています。
抹茶はLDを抱えていますから、お勉強のようなことをさせたいなら、
なおさらプリント学習よりも五感を使う学習法が合うのです。
そのため、算数クイズやハイタッチ算数、ホワイトボードを使った言葉遊びなど、
日常のふとした時間に遊びとして触れさせています。

…まぁ、その遊びのような学習すら抹茶次第なので、悠長この上ないのですが、
結局のところ、抹茶は自分の得意分野でしか仕事に就けないと思うのですよ。
そのためには、他のお子さん以上に、幼児期は本人の好きなことを十二分に
感じてほしいな~という気持ちが私の中にあります。
何かを作る事が好きなら、テーマは何なのか、作品は平面なのか立体なのか、
具体物なのか映像なのか、色彩にはこだわるのかこだわらないのか…
そうしたことを漠然とでも感じられる時間は、抹茶にとってプリント学習よりも
多くの学びをもたらすような気がしています。

私も子どもの頃は長い間自分の好きなことをして暮らしていました。
幼稚園時代なんて登園拒否児ですから(笑)、随分長い時間自分の「好き」を
眺めていた感があります。
そして、結果的にその「好き」を仕事にしたので、子どもが自分自身と向き合う時間は
1分でも1秒でも長くしてあげたい…と思うのです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
10:21 | 教育方針
comment(4)     trackback(0)
comments
うちも小学校入学前から市販の幼児向けプリントをやってます。
でも全然先取りではありません。
学年相当をやってるだけ。
うちは朝やってるので、疲れてゆっくり寝たい日はなし。
日曜日も基本的になし。
無理しないスタンスでやり続けたせいで、このままだと今持ってる2年生のプリントが、6月まで終わりません(空は4月から3年生なんですが(^-^;)
でもそれでもいいと思います。
習慣として、充分やってると思うし。
朝起きて「今日のプリントは?」と聞いてくれるので、すっかり生活に染み付いてます。

ギフテッドの話ですが、こんな感じなので、空の心理士さんのお話は、今でも正直まったくわかりません。
好きな分野が、そのまま学校の勉強とつながってるわけではないので・・・
そのかわり、今大人から見ると「どうでもいいよ」ってなことは、たくさん知ってるのですが(-_-;)
私も子供達にはなるべく好きなことに集中する時間や、ゆったりのんびり過ごす時間を持って欲しいです。
まだまだ勉強は、コツコツやってるだけで満足です。
2010/03/10 22:44 | | edit posted by 花里
花里さんへ
コメントありがとうございます。

>学年相当をやってるだけ。 うちは朝やってるので、疲れてゆっくり寝たい日はなし。
日曜日も基本的になし。

空君のようなギフテッドチャイルドは小学校低学年の基礎的学習の反復が苦手だと思うので、「ほぼ毎日」という習慣が付いているなら上等ですよ!空君偉いな。すごく頑張り屋さんだと思います。

>私も子供達にはなるべく好きなことに集中する時間や、ゆったりのんびり過ごす時間を持って欲しいです。

ギフテッドの子は自分で興味のある分野を見つけ、深めていくことができるので、他のお子さん以上に放っておいた方が良いんですよね。花里さんの場合、「そんなことより、漢字を練習しようよ」とか時折思われるかもしれませんが(笑)、このご時世、大人になれば漢字を書かなくても生きていけるので、空君にはクリエイティブな道を歩んでほしいな~と、個人的には感じます。花里さんもそうですよね?
2010/03/12 11:17 | | edit posted by 抹茶母
こんばんは。あ~、やっとPCの
前に座る時間が出来ました(笑)
せっかくとりあげていただいたのに、
コメント遅くなってごめんなさい。

さて、虹色さんや他の方のブログも読ませていただきました。

>幼児期の一生の基盤となる脳の基礎工事は、
遊びと愛情と、母性的な対応によって
スムーズに進みます。

はい、その通りです!

>つまり脳そのものの機能を育てている時期には、
皮膚から、視覚から、身体全体から情報を取り込み、
さまざまな視点で物が考えられるように育っていかなければ
ならないはずです。

はい、これも、その通り!です。

いちいち、納得する事ばかりです。

そういう全ての事をベースに0歳から子育てをしてきたわけです。


わたしも、
コモに好きな事を将来できるようになってほしい。
生まれてから、今までその考えは全く変わりません。

抹茶母さん、同じですよ!
でも違うんです。同じだけれど、違う。

不思議ですね

抹茶ちゃんが好きな事ってなんですか?

きっと学ぶことが大好きだと思いますよ。

お母さんと触れあい、話をするのも大好きなはずです。
内面的感情を持っていないなんて、、
「そんなことな~い!」と言いたいです.

だって、本能として

どんな子供だって
学びたいって内的感情の塊なんじゃないのかな?

私は、抹茶母さんのように子どもを分析する事は、出来ませんが
感じる事は出来ます。決して、聞きかじりや、ブームで教育(子育て)
しているわけではないのですよ。色々な情報に振り回される事も時にはありますが
これからも、コモの事を十分に「感じて」いきたいと考えています。

今回は、色々とごめんなさいね。

色々な反応があり面白かったです。
ありがとうございます。
2010/03/14 21:19 | | edit posted by yuntayun
yuntayunさんへ
コメントありがとうございます。
yuntayunさんからコメント頂いたことで、私も今一度考えてみました。
長いコメント返しになりますが、よかったら読んでくださいませ~。

>抹茶母さん、同じですよ! でも違うんです。同じだけれど、違う

ある部分までは同じだけれど、途中から道が分かれる…というイメージかもしれませんね。
私は『手抜きコース』を選んでいる感じでしょうか。

>抹茶ちゃんが好きな事ってなんですか?
きっと学ぶことが大好きだと思いますよ。
お母さんと触れあい、話をするのも大好きなはずです。
内面的感情を持っていないなんて、、
「そんなことな~い!」と言いたいです.

抹茶は「学びそのもの」は好きだろうな…とは私も感じていますよ~。
私が記事で取り上げた「内的感情」というのは、「学びそのもの」ではなく、
「毎日のペーパー学習に対する意味付け」なのです。
記事でも触れていますが「もうすぐ小学校に行くからお勉強する!」、
「最近勉強が難しくなってきたからまじめにやらなきゃ」等、動機になる部分ですね。

で、この内的感情ですが…どう考えても今の抹茶にはないのですよ…。
抹茶はまだまだ「興味があるからやる!興味がなければやらない!」という段階なので、
その興味が続くうちは、勉強も毎日のように続きますが、興味からはずれてしまった途端、
「終了~!さぁ、次の興味を探す!」となってしまうのですね。
もちろん、抹茶の興味が毎日勉強へ向かうように魅力的なプリントを用意したり、
あの手この手で上手く誘導したり…といったことも出来るのかもしれませんが、
私はそこまでの気合いがない。(苦笑)
みなさんそうなんじゃないかな?
そういうことを鑑みると、yuntayunさんほどお子さんのことを考えて
熱心に取り組みをされている方はそういない!と思うのですよ。

えっと、yuntayunさんのブログはパスワード制なので、他の方のために
一応書いておきますと、yuntayunさんはお子さん(5歳)に対し、
とても丁寧で素敵な教育を施されている方なのです。

簡単にまとめてしまいますが、

●ペーパーは無理にさせているわけではない
●ペーパーは暗記系のものだけでなく、思考力系のものまで多種多様
●ぺーパーだけでなく、モンテをベースにした具体物も使い、五感も刺激する
●折り紙やリリアンなど手先を使う遊びも十分にする(注:とても器用なお子さんです)
●もちろん、自由時間もある

いや~、失礼も承知で言いますが、yuntayunさんは普通じゃありません。(笑)
普通じゃないからこそ、ペーパー学習の弊害もないのだと思います。
でも、世の中の大部分のお母さん達は、私も含め『普通(≒手抜き)』なんですよ~。
だから、ペーパー学習の弊害が出てくる。
皆弊害は怖いので、じゃあ放っておくか~!になるのではないでしょうか。

逆に言えば、yuntayunさんのように子どもに対して良い環境を整えてあげれば、
「毎日のペーパー学習に対する意味付け」を早期に完了している、
発達の早いお子さんが育つのかもしれませんね。
(…もっとも、発達の早さは生まれ持ったものも大きいため、
環境面を良くしたところで全ての子どもがコモちゃんになれるかというと
そうではないと思いますが!)
2010/03/15 08:05 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/343-34af04d2
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。