スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 保育園の個人面談

保育園の個人面談がありました。
一人15分ほどなので、それほど込み入ったお話はできませんが、
年に一回の貴重な時間です。

先生には抹茶が言語性LDであることをお伝えしてあるので、
先生の指示を聞いているか、お友達とコミュニケーションが取れているか…
といったことを中心に伺ってきました。

「個別の声かけ等をしなくても、保育士の指示は良く聞いていて行動しています。
お友達ともコミュニケーションは取れていますよ」
「頷いているだけだったり、逆に一方的に話しているだけだったりしませんか?」
「いえ、お友達と言葉のキャッチボールも出来ています」
「えっ、そうですか?」
「…まぁ、たしかに、園の中でもおしゃまな子と言いますか、
口達者な女の子とは一緒にいないんですが(苦笑)」
「あ、それはもう(笑)」
「でも、抹茶ちゃんから”あれしよう~こうしよう~”と引っ張ってくれる場面もありますよ~」

言葉のキャッチボールだけでなく、抹茶からみんなに声かけできているなんて、
私は初めて知りましたよ…。
うう、おばちゃん感動。

「週に一回通っている言語訓練では娘の好きなように取り組んでしまうことも多いのですが、
園でワークに取り組む時間などはどうですか?椅子に座っていますか?」
「もちろんというか、抹茶ちゃんは他の子よりも静かにきちんと取り組んでいますよ~」
「ええっ?そうですか…」
「抹茶ちゃんの場合、環境が大事なのかもしれませんよね」
「そうですね、まだ言語訓練の先生と環境に慣れていないのかもしれません。
園はクラス替えもなくて、先生も小さい時から見守って頂けていますし…」
「大きな家族みたいな感じですからね~。
幼稚園と違って生活の場ですから、あまり決められたこともしませんし(笑)」
「小学校でどうなるか、ですよね(笑)」
「う~ん、でも私の予想では大丈夫だと思います。最近とても成長していますし。
発表会でもきちんと発表出来ていましたから~」
「ええ、発表会は私も感動してしまいました。抹茶が劇で話している!と思って」
「実のところ、予行練習ではあれほど上手に発表できなかったんですよ~。
でも本番では本当によく頑張ってくれて。
私、裏でよくやったー!!って、抹茶ちゃんを抱きしめちゃいました。
他の先生も抹茶ちゃん頑張ったね~って言っていました」
「先生、ありがとうございます~」

先生と二人で涙ぐんでしまいました。ほほほ。
抹茶の担任の先生は、抹茶が1歳の頃から付いてくださっている先生なので、
本当に抹茶をよくご存知なのです。(ありがたや~)
その他、先生には、「ゆっくり、はっきり、短めに」という言語性LDの子に対する
声かけの基本をお願いし、個人面談は終了。




いや~、思っていたより抹茶は園で頑張っているんだと感じました。
発達障害の子が普通の生活を普通に送るということは、それだけで疲れることです。

専門医の先生からは「小学校生活に慣れること。それだけに専念するためには、
ある程度勉強を前倒しで教えてあげて」と言われていますが、
保育園で帰りが遅い平日とSTが入っている土曜日はのんびりさせてあげたい。
となると日曜日がキモなので、虹色サークルを月1から変更して毎週日曜にしてみようかな~、
なんて考えております。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
09:49 | 娘について
comment(4)     trackback(0)
comments
一歳の頃からあたたかい目で見守ってくださる先生の存在、いいですね。うちは結局一年ずつ違う先生になりそうです…(涙)

抹茶ちゃんがリラックスして伸び伸び過ごせているのが何よりですよね。しかもきちんと場の空気を読んでいて、すごいわ~。

抹茶母さんの虹色サークル、近ければ入れて頂きたいのになあと、いつもため息ついております。
2010/03/16 10:07 | | edit posted by まはーる
はじめまして
いつも楽しく拝見しています。
息子も抹茶ちゃんと同じ5歳年中です。
発達障害ではないと言われていますが、どうもマイペースな
ところがあり新しいことに慣れるのに時間がかかるタイプです。

ある程度の勉強を前倒しで教えるというのは、どの程度、なんでしょう?
私からすると、抹茶ちゃんの算数能力の高さなどは眩しいくらいに見えるのですが、
それでもやはり前倒しでの勉強は必要なのですね。

入学まで1年。
私も息子の負担にならない程度に準備ができないかと
考えていた矢先の記事でしたので、思わずコメントしてしまいました。
しかし、私自身が1年生でどの程度のことを
勉強するのかよくわかっていない現実・・。
いろいろ調べてみなければいけないのかもしれませんね。
2010/03/16 15:22 | | edit posted by さざんか
まはーるさんへ
いつもコメントありがとうございます♪

>うちは結局一年ずつ違う先生になりそうです…(涙)

抹茶には保育園のシステムが合っていたな~と感じます。でも、幼稚園で慣れている分、小学校でのクラス・先生替えも受け入れやすいでしょうから、それはそれで良いのかもしれませんよね。友達作りも鍛えられそう!

> 抹茶母さんの虹色サークル、近ければ入れて頂きたいのになあと、いつもため息ついております。

まはーるさんもご自宅近くでサークルを作ってみたらどうでしょう?ワークでなくても、カードゲームやボードゲーム、レゴを遊ぶだけで十分だと考えれば、気楽な物ですよ~。
2010/03/17 16:28 | | edit posted by 抹茶母
さざんかさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

>ある程度の勉強を前倒しで教えるというのは、どの程度、なんでしょう?

具体的に先生の方から指示があったわけではないのですが、1~2学期で学ぶくらいのことは前倒しで教えようとは考えています。

…と言っても、「平仮名の読み書き」「一桁の計算」「時計の読み方」程度のことで、これすらワークに出来るだけ頼らないようにしたいと思っていますが…。

1年生でどの程度のことを学ぶのか?ということは、ネットで調べればすぐに出てくると思います♪書店で1年生向けのワークを手に取ってみても良いかもしれませんね。
2010/03/17 22:53 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/344-149b11b5
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。