スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 お店屋さんごっこで算数遊び、1~100***その2

「お店屋さんごっこで算数遊び、1~100***その1」の記事はこちら

3歳7ヶ月。
抹茶が作ったゴミのような作品(笑)を使って、お店屋さんごっこをしました。
ちょっとだけ手間をかけて「1円」「2円」「3円」「4円」「5円」のコーナーを作り、
値段を決めてもらうと…

 CIMG2456.jpg 
CIMG2457.jpg CIMG2458.jpg
CIMG2459.jpg

「これはたくさんあるから1円でいいかな~。あっ!4円のがないからこっちを4円にしよう」
「これは手が込んでいるから、5円が良いんじゃない?」
「ううん、それは4円でいい」
「え!じゃあ、このバッグはお買い得だね~」

自分の作ったゴミ…もとい作品なので、値付けも真剣そのもの。
抹茶なりに色々と考えていました。
そして、値付けが終わると、売り手はエプロンや三角巾を装着。
横には、ビニール袋やプラスチック容器、トングまで用意して、ムードを盛り上げます。

「いらっしゃいませ、いらっしゃいませ~!」
「今日のおすすめは何かしら?」
「バッグ!あと、これとこれとこれ!」
「バッグはおいくら?」
「4円です!安いです!」
「まぁ、とってもお買い得ね。それじゃ、このバッグを一つと、お団子を2個くださいな。
全部で何個かしら?」
「3個です」
「4円のバッグが一つ、1円のお団子が二つで2円、合計で6円ね。はい、10円。
おつりを下さい」
「おつりはいくらですか?」
「お店屋さんが計算しなくっちゃ。え?できないの?仕方ないわねぇ。一緒に計算しましょう」

こんな感じです。
これは、「奥様が八百屋で買い物をしているイメージ」ですが、「アメ横風」や「和光風」
など、色々できます。
バカっぽいのですが、そこは気にせずに。(笑)
適当ではなく、真剣に演技をする方が、親も楽しめますので!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



11:18 | 算数
comment(4)     trackback(0)
comments
こんばんは!
虹色教室通信から来ました♪
ごっこ遊びが出来るようになると、一層子供と過ごす時間が楽しくなりそうですね。
とっても素敵な作品ですよ~ゴミだなんて(笑)
うちの子はまだ2歳なんですが、参考になりました。
また遊びに来ますね~♪
2008/12/18 23:08 | | edit posted by いけいけ
いけいけさんへ
コメントありがとうございます。

「素敵な作品」と行って頂けると、娘も喜びます。(あとで伝えますね!)
いけいけさんのお子さんは、2歳とのことですので、

●一日目にお団子をたくさん作る(モンテッソーリのお仕事風)
●二日目に全て1円で売る(ドッツ遊び)

という遊びが良いかもしれません。
よろしければ試してみてくださいね。
2008/12/19 09:58 | | edit posted by 抹茶母
我が家もはまりました。
可愛らしい♪じゃ、バックを一つ!
作るところから楽しそうですね。

そういえば、
我が家も3歳の頃延々とお店やさんごっこしてました。
折り紙のお魚、ままごとキッチンから取ってきた大根・・・
そういえば、すっかり影を潜めました。
満喫したのでしょうか。
次女の時は、トングも使わせてみたいです。


2008/12/20 13:21 | | edit posted by 3匹のハハ
3匹のハハさんへ
コメントありがとうございます。

お店屋さんごっこは、子供ならみーんな好きな遊びなのかもしれませんね。

>トング
トングは、子供にとって難しい道具かもしれませんが、指先の訓練にもなるので
結構おすすめです。次女ちゃんと遊ぶ時は、ぜひ♪


2008/12/20 15:52 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/55-874133ee
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。