スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 クリスマスの絵本

虹色教室通信で、クリスマスの絵本が紹介されていますね。
おうちで幼児教育のブンははさんも記事で取り上げていらっしゃる
「サンタクロースと小人たち」。
残念ながら、この絵本は手元に無いのですが、他に何冊かありますので、
我が家のクリスマス絵本をご紹介したいと思います。
誰も望んでいないとは思うのですが(笑)、絵本のカテゴリー0というのも
淋しいので、ご了承くださいませ!

CIMG2599.jpg

手前右から時計回りに

「あのね、サンタの国ではね…」(原案/松本智年 一色恭子  文/嘉納純子  絵/黒井健)
「サンタさん ありがとう」(作/長尾玲子)
「きのいいサンタ」(作/さとうわきこ)
「のうさぎ村のクリスマス」(作/マリー・H・アンリ)
「メイシーちゃんのクリスマス・イブ」(作/ルーシー・カズンズ)
「さむがりやのサンタ」(作/レイモンド・ブリッグズ)

「メイシーちゃんのクリスマス・イブ」が2~3歳向きで、
あとの絵本は3~5歳向きでしょうか。
(「きのいいサンタ」と「さむがりやのサンタ」は漫画です)

ちなみに、私のおすすめは、この2冊。

CIMG2597.jpg

「ゆかいな ゆうびんやさんの クリスマス」(作/ジャネット&アラン・アルバーグ)
「サンタのたのしいクリスマス」(作/デリ・ロビンズ  絵/ジョージ・ブキャナン)

「ゆかいな ゆうびんやさんの クリスマス」は、今の時期、
書店でも平積みにされている事が多いので、みなさんご存知かもしれません。

クリスマスイブにゆかいなゆうびんやさんがやってきます。
最初は4匹ぐまのロッジ。次はあかずきんちゃんのお家…
さぁ、どんなお手紙が届いたのでしょう?
封筒の中に楽しいカード、すごろく、パズルなどが入った絵本。


対象年齢は、大体4歳くらいから~でしょうか。
クリスマスの仕掛け絵本としては、ロバード・サブダが有名ですが、
これも一種の仕掛け絵本ですので、お友達のお子さんへプレゼントするのに良いかな?
と思います。(サブダより安い1,890円ですので…)

もう1冊の「サンタのたのしいクリスマス」は、お母さんにおすすめのクリスマス絵本。
とても素敵なアドベントカレンダーやクリスマスカードの作り方が乗っているので、
子供と一緒に作ると楽しめそうですよ。
型紙も付いているので、工作が苦手な方でも安心。
(アドベントカレンダーは私も作りたかったのですが、時間がなくて無理でした…とほほ)
5歳以上で工作の得意な女の子にもおすすめです。

と、なんやかんやいっても…
2~3歳のお子さんには、やはりこれ↓かもしれませんね!

CIMG2598.jpg

アンパンマンのクリスマス絵本は何冊かあるようですが、
この「アンパンマンとメリークリスマス!」は、表紙を開くと大きなポスターになり、
アンパンマンキャラが勢揃い。
中扉には、作者やなせたかしさんからのカードも入っていて、特別感があります。
アンパンマン好きなお子さんには、喜ばれる事請け合いです。
抹茶も2歳の頃、この絵本が大好きで、毎日のようにポスターのキャラを言わされました…
4歳になった今でもこの絵本はお気に入りで、最近また読まされていますから、
よほど好きなんでしょうね。
さすがに、最近は、お気に入りキャラを二人言えば許してもらえますが…(苦笑)

*余談ですが、アンパンマンの絵本は、アニメを絵本にしたものではなく、
やなせたかしさんが描かれたものの方がおすすめです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

05:30 | 絵本
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/61-a08d95b8
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。