スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 お正月

     CIMG0122.jpg

床の間の生け花(自己流)      小紋(お正月ゆえ若作り)

CIMG0077.jpg CIMG0110.jpg

実家近くの神社へ初詣        七草がゆ(我が家はシンプルに塩味のみ)


できるだけ季節の行事を大事にしたいと考えています。
年末に鏡餅や正月用のお飾りを用意し、お花を生け、初詣へ出かけ、
1月7日に七草がゆを食べる。
経済的な理由で特別な事はできませんが、私の母や私がしている、
これら最低限のことは引き継いでいってほしいと思っています。

なぜ、こんな事を書く気になったかというと、先日保育士の方から伺った
一言がきっかけでした。

「抹茶ちゃんが「七草がゆを食べたんだよ」と言っていましたよ。
驚いてしまいました。私くらいの年代(保育士の先生はおそらく40~50代)
だと、みんな作ると思いますが、お若い方は作らない方が多いみたいで…」

私の方こそ驚きました。
このままでは日本の伝統や風習が廃れていくのでは…と感じます。
私は愛国心だとか郷土愛に溢れている人間ではないのですが、七草がゆを食べたり、
お月見の時にお団子やススキを供えたり、ということは、自然に染み付いていて
欠かした事はありません。

こうした日本の季節行事は、本来ハロウィンやクリスマスよりも下の世代に伝えて
いくべき行事だと思っています。
ハロウィンやクリスマスは華やかで私も好きです。
しかし、日本の季節行事は、子どもに四季を感じさせる事が出来る格好の機会です。
季節の移ろいからくる心のひだを、自然に感じられる。
そんな子どもであって欲しいと願っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

15:18 | 日常
comment(2)     trackback(0)
comments
いいですね~
いけばな素敵ですね~。

保育園って、季節の行事を大切にしてくださいますよね~。
家庭でも!と私も出来る限りがんばってます。
うちも七草粥作りましたよ!でも保育園のお給食でもそうだったみたいなので、だぶったぁ~・・・。
今時、スーパーでは乾燥七草、混ぜるだけ~っというのもありましたわ。

うちの七草粥はおもち入りです☆
実家がそうだったので~。
抹茶母さんちのお雑煮はどんなんですか~。
うちは、関西、大根・人参だけの白味噌仕立てで~す。
2009/01/12 16:33 | | edit posted by ママラッチ
ママラッチさんへ
コメントありがとうございます。

リップサービスありがとうございます!
生け花は適当なので、専門の方から見れば、目を疑いたくなる代物だと思いますが、
細かい事は気にせず、自由に楽しんでいます。

>保育園って、季節の行事を大切にしてくださいますよね~。
本当にそうですよね。有り難いな~と思っています。
抹茶が通う保育園では、年末にお餅つきもしてくださるんですよ。
園児はもちろん、保護者や地域の方の参加もOKで、地域に根ざした素敵な行事です。
うすと杵でついた、つきたてのお持ちは、お雑煮にして供されます。
味はもちろん最高!です。

>うちの七草粥はおもち入りです☆
お餅入りも美味しそうですね♪来年はお餅を入れてみようかなぁ。
ちなみに、うちのお雑煮は関東風なので、すまし仕立てです。
焼きもち、短冊切りの大根と人参、セリ、ミツバ、ゆず、甘辛く煮付けた鶏肉、が具材。
(このお雑煮は主人の実家のレシピなので、私の実家のお雑煮とは微妙に違いますが)
ママラッチさんのおうちは関西風なんですね。
以前から関西風のお雑煮を食べてみたいな~、と熱望しているのですが、
私の回りに関西出身の人間がおらず、いまだ実現しておりません。
地方によってはアンコ入りのお餅もあるとかで、お雑煮は今でも地方色豊ですよね。


2009/01/12 17:28 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/81-fd4043f8
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。