スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 クーピー&筆箱で算数遊び、1~5***その2

「クーピー&筆箱で算数遊び、1~5***その1」の記事はこちら

3歳10ヶ月。
私の具合が悪かったため、ココス(ファミリーレストラン)で、
主人と抹茶二人の夕食を済ませてきてもらいました。
抹茶は、お子様ドリンクバーがあるせいか、本当にココスが大好き。
普段ジュースを与えない反動なのかな、と思っていますが、
3杯以上となると、ちょっといやしいですね…

さて、算数遊びの方ですが、「もう一度、クーピーの隠しっこをやりたい」と、
抹茶自ら言い出した模様。
主人はよくわからないながらも、抹茶に付き合ってくれたようです。
二人の帰宅後、私は、「4本隠すとわからなかったでしょう?」
と主人に聞きましたが、
「え?いや、全部の組み合わせでやったけど、わかっているみたいだったよ」
との答えでした。
おお!どうにか、4歳前に「5の合成、分解」を理解することができたようです。

また、この頃、平行して「平仮名と数字の書き」に興味が出てきたのは、面白い点です。
主人は、「おそらく、5までの数を完璧に理解できるようになったから書き順の意味を
理解でき、そのせいで書く事への障害が減ったのではないか」と言っていましたが、
私もそう思いました。
そして、自由にお絵描きを楽しんだ結果、運筆力がついた点も大きいのかな、と感じています。

こうして考えると、幼児の能力は、スモールステップではなく、ある能力とある能力が
結びついて、新しい能力をポン!と生み出しているような気がします。
親に一番必要な事は、その「結びつく瞬間」を信じて、じっくりと待つこと。
ただそれだけなのかもしれませんね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

10:18 | 算数
comment(4)     trackback(0)
comments
こんにちは。コメントなかなか残せなくてごめんなさいね。

抹茶ちゃんの取り組み参考にさせていただいてます。
うちの娘ももうすぐ4歳。
5の合成や分解はだいぶわかってきました。
アンパンマンが好きなのでお人形でかくれんぼをして
数を足したり引いたり。
基本的に3までだと頭の中で計算してそれ以上は指を使います。
そして、幼稚園でお手紙ブームなのか文字や数字を書くことにも興味が出てきました。
抹茶ママさんのおっしゃるとおり頭の中の回路がつなっがってきたのかな?
それと同時に言葉の理解も進んだせいかとても聞き分けがよくなってきました。
今までは気に入らないことがあるとすぐかんしゃくをする大変気難しい気質があったのでびっくりです。
ただ単に反抗期を脱しただけかも知れませんが。
また、オセロやババ抜きのルールも理解できるようになり4歳ともなると色々できるんですね。

ちなみに4歳の誕生日プレゼントは二キーチンの模様つくりの積み木にしました。
決められた模様を作るよりたくさん積み上げて「マンション」を作っていました。
うちが平屋なので高い建物にあこがれるらしいです。

また、抹茶ママさんの影響を受けてユングの性格分析に興味を持ちただいま勉強中です。
面白いですね。もっと早くに知っていたらいろんなことに役立ったかもです。


2009/01/15 11:41 | | edit posted by ちびまる子
ちびまる子さんへ
コメントありがとうございます。

やはり4歳児ともなると、色々と出来る事が増えますよね。
そして、ちびまる子さんがおっしゃるように、抹茶も言葉の理解が進んできました。
ただ、抹茶の場合は、言葉の理解が進んだがゆえに、自分の言い分を口にし、
反抗してくることが増えたんですよ…
「私にだって、これこれこういう言い分、理由がある」というわけです。
もう、これが頻繁で、しかも一度始まると、説明しながら泣いてしまうせいか、
時間もかかってかかって…少し遅れてきた反抗期かなぁ、とも思うのですが。
ちびまる子さんの娘さんは、聞き分けが良くなってきた、とのこと。
う~ん、これこそ4歳児ですよね。
うちが4歳児の醍醐味を感じられるのは、もう少し先になりそうです。とほほ。

>ちなみに4歳の誕生日プレゼントは二キーチンの模様つくりの積み木にしました。

ニキーチンの模様作りの積み木をご購入されたんですね。
我が家にはないのですが、とっても良い知育玩具だろうな、と思っていました。
ちなみに、我が家には似たような簡易版、「こぐま会の積み木パズル」があります。
(これは8個入りですが、円も表現でき、値段もお手頃です)
本来の遊び方では、あまり取り組んでくれませんが。(笑)
最近では、くもん出版からも似たような知育玩具が出ているようなので、選択肢が広がっているなぁ、
と感じます。

>ユングの性格分析

面白いですよね。
分析をされたら、ぜひコメントください。(笑)

2009/01/15 13:07 | | edit posted by 抹茶母
丁寧にお返事ありがとうございます。

>抹茶の場合は、言葉の理解が進んだがゆえに、自分の>言い分を口にし、 反抗してくることが増えたんですよ…

確かに、自分の言い分は言ってきますね。そして「なんで?」を連発です。

>ちびまる子さんの娘さんは、聞き分けが良くなってきた、とのこと。
娘は1歳半くらいから人格が変わったのか?というくらいの反抗がはっきりありました。反抗期がゆっくり来るお子さんもいますよね。娘は下の子が産まれてやきもち焼いていたのがなくなったのもあると思います。

>くもん出版からも似たような知育玩具が出ているようなので
そうなんですか。色々あるんですね。教えていただいてありがとうございます。

それから、ユングの性格分析を自分なりにしてみました。

結果、娘は内弁慶なので内向的で感覚型が優位です。
息子は外向的で感覚型と感情型を合わせ持った感じ。
旦那は外向的思考型か?
そして、私はあまり発表したくない結果なのですが、どうやら
内向的感情型で少し思考型もあるようです。
自分の分析が一番難しかったです。
というか自分自身とっても変わり者だということを再認識しました。
まだ、簡単な本をさらっと読んだだけなので分析結果が変わってくるとは思いますが。

もし良かったら抹茶母さんのユングのタイプ論についてのお勧めの本があったら教えてください。私の手持ちの本では物足りなくて、しっかり分析できているのかどうかといった感じです。

2009/01/15 23:35 | | edit posted by ちびまる子
ちびまる子さんへ
くもん出版から出ている商品は、「DE-ON(デオン)」です。
http://www.kumonshuppan.com/jsp/jsp/category/kobetu.jsp
くもん出版から出ている知育玩具は、手頃でなかなか良く出来ているなぁと思っていますが、
よくよく考えて選ばないと、我が家では見向きもされないという結果に陥りそうです。
モンテのお仕事が好きな子には向くのかな?と感じますが、抹茶にはなかなか…

>それから、ユングの性格分析を自分なりにしてみました。

ちびまる子さんは、「内向的感情型」なんですね。
私は、「内向的感情型」の方は、女性的で子育てに熱心な、優しい方なのではないかと
思っています。(私は、こんな幼児教育ブログをやっていますが、子どもとの精神的距離は遠いので、
およそ子育てに熱心とは、言いがたいものがあります)
そして、お子さんお二人とも「感覚」が優位なら、芸術面に才能を発揮するかもしれませんね♪

>抹茶母さんのユングのタイプ論についてのお勧めの本があったら教えてください。

アニカママさんから同様のご質問を頂いた時も、「本屋でビビッときた本をぜひ!」と
お答えしたのですが…(笑)
学術的な専門書を良しとするのか、自分に適用できる入門書を良しとするのかで、
本選びは変わってくるような気がします。
一番良いのは、当たり前ですが色々読む事ですよね。
それこそタイプ論以外の本やユングのお弟子さんの本も色々。

いえ、実は、私もそれほど沢山読んでいないので、おすすめする自身が無いというのが、
正直なところなんですよ(笑)
でも、「間違っていても良いから自分で考えること」が面白いのだと思っています。
2009/01/16 10:44 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/86-82745c76
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。