スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 「百玉そろばん」で算数遊び、1~100

CIMG2473.jpg


3歳11ヶ月。
「すうじ盤100」と同じで、「百玉そろばん」も、しばらく押し入れで
眠っていました。
今なら「100」までの数もおおよそ理解しているし、遊ぶかしら?と思い
引っ張りだしてきましたが…

・100まで数える
・階段状にする(抹茶のアイデア)

以上を1回ずつして終了。
できるできないに関わらず、好きではないのですね。(苦笑)
ただ、規則性のある物が好きなせいか、「階段状にする遊び」の時だけは
楽しそうでした。
そして、この「階段状にする遊び」で、遅まきながら、「10の本質」
に気付いたようなのです。

抹茶は、「10」を「1と9」「2と8」「3と7」「4と6」「5と5」
に分ける時は、見た目でパッと分けますが、やはり「6と4」になると最初から
「い~ち、に~い、…」と数え始めました。
「5」以上の数は確認が必要なのです。
その点は、3歳4ヶ月の頃と比べて進歩がありません。(笑)
しかし、「7と3」に分けるとき、「あ!そうか」といいながら、
『7を欲しいと思うときは、7に注目するのではなく、残りの3に注目すればいい』
ということに気付きました。
これは抹茶なりの進歩で、まさにアハ!体験ですね。
この「気付き」のおかげで、「8と2」「9と1」「10と0」を
すっと分解できたのです。

「ママ、こっち(右側)を見るといいんだよ。そうするとすぐに階段が出来る」。
この台詞、自分から言ったことに意義があるのだと思っています。
私が教えるのは簡単ですが、
「あ~、7まで数えるの億劫だな~。何か良いアイデアないかしら?」
と子供自身が考える事。
それこそが大事なのではないでしょうか。
そして、「7まで数えるのが億劫な感じ」というのは、沢山数えた経験こそが
育むものなのでしょう。

飲み込みの早い子、賢い子、は「数えた経験」が少なくとも、
その規則性に気付くでしょうが、抹茶はそうではありません。
そうではないからこそ、数を身近に感じられるようにしてあげたいな
と考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:49 | 算数
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/91-8bcbb79f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。