スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 子供の興味を広げるということ

「子供の興味を広げるということ」、これも子育ての基本ですよね。
私も、できるだけ娘の興味を広げたい…と考えてはいるのですが、
まぁ、これがなかなか難しい。

「漢字に興味が出てきたから、漢字ポスターを貼る」
「100に興味が出てきたから、100玉そろばんを出す」
「魚に興味が出て来たから、水族館へ連れて行く」
「子供の質問に答え、関連する絵本や図鑑を探してあげる」

というようなことは、さして難しくありません。
私が一番難しい…と感じるのは、もっと日常の中にあるささいな瞬間です。
上手く伝えられないのですが、我が家の場合でいうと…

抹茶は3歳の頃、ティッシュペーパーにヒダを付け、
「ほら、見て~!スカートみたいでしょう?」と言ってきた事がありました。

CIMG2591.jpg

こちらは夕食の準備で大忙しの時間帯。
つい、「そうだね~。お姫様のドレスみたいだね~」と、耳障りの良い言葉で
流してしまいがちになります。
実際、私もこの言葉で済ませようと思いましたが、今、この瞬間を拾ってあげることは、
夕食より、他のどんな高価なプレゼントより、抹茶にとって嬉しい事なのかもしれない…
と思い直しました。
もちろん、忙しい時間帯なので、それほど凝った事はできません。
そこで、すぐに作れる物…簡単な物…と考えて、どうにか出来たものがこれです。

CIMG2592.jpg

「子供の興味を広げる」といっても、本当にお恥ずかしい代物です。
しかし、この2~3分で作ったお人形を、抹茶は「しゃもじのお母さん」といって、
今でも大事にしているのです。

また、最近では、みかんを2個つんで、
「ほら、見て~!雪だるまみたい」と、言ってきた事があります。

CIMG2595.jpg

こちらも、朝の忙しい時間帯。
「オレンジ色の雪だるまだね~」で済ませてしまいたくなるのですが、
「トイレを済ませておいで。戻ってくる頃、雪だるまが変身してるよ!」
というと、抹茶の顔はパッと明るくなりました。

CIMG2596.jpg

マジックで顔を描いて、爪楊枝を刺し、ペットボトルのキャップを頭に乗せただけ…
ですが、この1~2分の作業で、日常の中にささやかな特別感が生まれたような
気がするのです。

…とはいっても、毎回毎回出来ている訳ではありません。
偉そうに書いていますが、気分がささくれだっているとき…
特に、私の体調が悪いとき、仕事に追われているときは全くダメです。
「子育ては母親の体調次第、精神状態次第」とは良く聞く言葉ですが、まさにその通り…
母親が目の前のことで頭がいっぱいになっているとダメだなぁ、とつくづく感じます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

07:14 | 教育方針
comment(4)     trackback(0)
comments
こんにちは、
この記事を読んでジーンときました。
忙しいとき疲れているときはダメでも、なるべく子供の興味の瞬間を見てないといけませんね。

特に寝る前にあれやってこれやってといわれると、「早くねなさい!」になってしまいます。
抹茶ママさんすごいです。少しは見習わなければ。

2009/01/23 10:19 | | edit posted by ちびまる子
ちびまる子さんへ
コメントありがとうございます。

登園前や就寝前だと、カリカリしてしまいがちですよね。
私は、いつも『あ~、来た来た、これは鍛錬の場だ』と思っているくらいです。 (笑)
自然に出来れば一番だと思いますが、私は意識していないと無理なので…
2009/01/23 13:06 | | edit posted by 抹茶母
脱帽です
抹茶母さんの優しさと発想力に、胸が熱くなりました。朝夕の忙しい時間帯にもかかわらず、抹茶ちゃんの言葉をすがさずキャッチして工作してあげられたこと。。。心から見習いたいと思いました。
確かに、冒頭の4例のようなことは私もできているかもしれません。ただ、これらはいずれも私の心に余裕がある時にできることです。忙しい時間帯にこそ、母親力の見せ所なのかもしれませんね。「つい耳障りのいい言葉で流してしまう」←ありますあります^^); 子どもにとってみれば、どんなに美しい言葉よりも、遊びを通した実体験の方が大切なんでしょうね。
2009/01/23 16:47 | | edit posted by アイリーン♪
アイリーンさんへ
コメントありがとうございます。

アイリーンさんのおっしゃるように、耳障りの良い言葉より、
出来の悪い工作?の方が、やはり娘は喜びます。
それはやはり、「子どもの言葉にどれだけ向き合っているか」
で計れば、後者だからだと感じます。
また、そうやって、工夫とも言えない工夫を子どもに見せることで
発想を広げて欲しいと思っています。
子どもというのは良くみているもので、その工夫をさらに発展させる
こともできますから…

なかなか難しいんですけどね…(笑)
2009/01/24 05:44 | | edit posted by 抹茶母
comment posting














 

trackback URL
http://imac1.blog24.fc2.com/tb.php/97-f1b968b3
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。