スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 クリスマス

24日のクリスマス・イヴは毎年主人の実家でお食事をすることになっています。
主人の母は数年前に他界しているので、お料理は私が全面的に担当。
実は、私…前日のお酒が少し残っていましたが、嫁たるものそんなことも言っていられません。(笑)
午後から夕食の仕込み開始です。

メニューの方は、せっかくのクリスマスなので、毎年洋風(イタリアンな感じ?)にまとめています。

●前菜三種盛り合わせ…カプレーゼ・カポナータ(昨日の残り)・魚介のサラダ、ガーリック風味
●パルメジャーノ風味のグラタン
●丸鶏のローストチキン、ロースト野菜添え

CIMG1121.jpg

今年は、定番のグレービーソースの他、赤ワインとバルサミコを煮詰めたものに、
塩コショウ、バター、ブルーベリージャムで味を整えた甘めのソースも作りました。
評判も上々で良かった良かった。

あとは、1週間ほど前に主人が作ってくれた豚のリエットをバゲットに添えました。
我が夫ながら、とても美味しく作るので、毎年クリスマス前には作らせています。
(手間がかかるので私は作りませんことよ)

食後のクリスマスケーキは、ベリー系のタルト。
昨年までは、定番の生クリームにイチゴがのっているケーキを購入していましたが、
今年は少し趣向を変えてみました。
切りにくい点は難ですが、みんな気に入っていたので良かったのかな。

CIMG1125.jpg

食事の後には、じいじから可愛らしい子ども用キャリーをもらい、ご満悦の抹茶サンタ。
じいじへは花束をプレゼントです。

CIMG1123.jpg




翌日は保育園だったので、あまりゆっくりしていられず、8時過ぎには祖父宅を後にし、
自宅に着くなり急いで入浴を済ませ、寝る支度。
そんな慌ただしい中、抹茶は「さむがりやのサンタ」を真似て、「サンタさんにお酒を
用意しておかなきゃ!」と言い、赤ワインとグラスの横に
『さんたさんへ  ごじゆうにどうぞ』というメモを置いていました。

「お菓子とかジュースはいらないんだよね。サンタさん、お酒飲んでくれるかな~。
あっ!窓の鍵も開けておこう…」

どうやら、抹茶はプレゼントそのものよりもサンタを自宅に招くことそのものが楽しいらしく、
準備に余念がありません。
しかし、一向に寝る気配がなかったので、つい黒サンタの話を持ち出してしまったワタシ。

「ほらほら、早く寝よう!悪い子のところにはサンタさんが来てくれないだけじゃないんだよ~。
黒いサンタが来て、動物の死骸を置いていくんだよ~。怖いよ~」
「鳥の死骸とか?…嫌だな…抹茶は大丈夫かな…」
「早く寝ればね!赤いサンタさんがプレゼントを持って来てくれるよ!」
「抹茶、早く寝る…」

もちろん、抹茶が寝たのを確かめてから窓の鍵を閉め、ワインを飲み干し(笑)、
メモには 『thank you!』と、抹茶にもわかる英語で書いておきましたよ~。
翌朝には、空のワイングラスとメモの走り書きを見て興奮する抹茶。
まだまだサンタを信じているお年頃ですね。

ちなみに、今年のクリスマスプレゼントは、あまりに現実的なプレゼンだったので、
急遽「しかけ絵本の基礎知識」も追加しました。

CIMG1126.jpg

そして!なんと!
ブログを通して知り合った方から、こんな素敵なお品物(写真右)を頂いてしまったのですよ~。
お名前を出して良いものかどうかわからないので、念のため伏せておきますが…
ありがとうございます!抹茶も喜んでいます!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:25 | 日常
comment(0)     trackback(0)

 クリスマス・ヘクセンハウス

ママラッチさんここさん、私との三人で密かに盛り上がりを見せていた、
無印良品のヘクセンハウス。
我が家は抹茶と主人の二人で作らせました~。

ママラッチさんから「アイシングは固めによろ!」とアドバイスをもらっていたので、
主人にもしっかり伝えましたよ~。ほほほ。

なんだかんだで半日かかったのかな?
完成品がこちら。

CIMG1132.jpg

CIMG1133.jpg

CIMG1134.jpg

姉歯建築ですが、なかなか可愛らしく出来ました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:08 | 日常
comment(0)     trackback(0)

 お友達とのクリスマスパーティー

CIMG0948.jpg

23日に抹茶のお友達宅でパーティーがありました。
ハロウィンパーティーの時と同じメンバー(お母さん4人、子ども6人、総勢10人)が
集まっての賑やかパーティーです。

今回は一人2品の料理にワイン1本の持ちよりだったので、カポナータと抹茶の大好物
であるタンドリーチキン、お手頃価格ながらも評判の良いシャンパンを持参しました。
料理の持ちよりは、一人の負担が軽い割に食卓は豪華に彩られてナイス。

子ども達の食事も終わると、プレゼント調達係のママからプレゼントが配られ、
子ども達も大喜びでした。
めったに手にすることが出来ないフレッシュプリキュアのコンビニおもちゃ(笑)を手にし、
ご満悦の抹茶。よかったねぇ。

ちなみに、母親同士でもプレゼント交換があったので、私はちょっと可愛らしい入浴剤の
セットを用意したのですが、喜んでもらえたようで良かったです。

子どもを通じて知り合ったお友達ですが、みなさん気のおけない仲なので、ついついお酒も
進んでしまい、最終的に女4人でシャンパンとワインを4本開けましたよ~。がはは。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

09:56 | 日常
comment(0)     trackback(0)

 冬至

12月22日は冬至でしたね。
抹茶は冬至も大好きなので、ゆず湯に入るのをとても楽しみにしていました。
主人とお湯につかりながら、「あ~、良い香りだねぇ。やっぱりゆず湯はいいねぇ」と、
おばあちゃんのような台詞を言っていたそうです。プププ。

そして冬至と言えばもう一つ忘れてはならないのがカボチャ。
あいにくこの日の夕食はカレーと決まっていたので、カボチャの煮付けは合わないなぁ…と、
急遽、デザートにカボチャの洋風茶巾絞りを作ることにしました。

レシピは適当です。
蒸かしたカボチャをつぶして、お砂糖少々、蜂蜜を加え、最後にレーズンとシナモンを
混ぜ、ラップで小さめの茶巾絞りにするだけ。

CIMG1115.jpg

簡単レシピ故に会話を大事にしたいな~と思い、私は茶巾絞りをしている抹茶に尋ねました。

「どうして冬至の日にカボチャを食べるんだと思う?」
「う~ん…、カボチャを食べると身体があったかくなるでしょ。でね、身体があったかくなると、
インフルエンザにならないからじゃない?」

これは抹茶の独自論ですが、ほぼ正解と言っても良い答えで驚きました。
「カボチャ=身体をあたためる野菜」なんて、教えたことがあったかな?
園で覚えて来たのかな?

抹茶の答えをもう少し補うとすると、昔の日本(江戸時代頃)は冬に取れる野菜が少なく、
保存の効くカボチャは冬至に食べる野菜としては絶好の栄養源だったから、でしょうか。
カボチャに多く含まれる栄養素であるカロチンは体内でビタミンAになり、感染症などに
体する免疫力をつけてくれるので、「カボチャを食べると風邪を引かない」というのも
迷信ではなく、昔の人の知恵なのでしょうね。




ちなみに、どうして「ゆず」なのかというと、「融通(が利くように)」というダジャレや願掛け
だと母から聞きましたが、真偽の程は知りませんー。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

12:32 | 日常
comment(0)     trackback(0)

 クリスマスプレゼント考

クリスマスまであと一週間ですね。
みなさん、もうお子さんへのクリスマスプレゼントは決定済でしょうか。
プレゼントを何にするか考えるのは、子どもだけでなく親もわくわくしますよね。

ちなみに我が家の方針としてプレゼントを子どもにあげるのは、
「こどもの日」「誕生日」「クリスマス」の年に3回。
それぞれに一応方針のようなものが決まっています。

「こどもの日」

私の実家から金一封が抹茶に渡されるので、抹茶と相談し、
ボードゲームを購入しています。
昨年はオセロ、今年はドラえもんの日本旅行ゲームでした。
残りは抹茶の口座に貯金です。

「誕生日」

基本的に抹茶の欲しい物を上げています。
昨年はくもんのくみくみスロープ、今年は四字熟語かるたとこびと大百科でした。

「クリスマス」

抹茶の好みを考慮しつつ、親のあげたいものをあげています。
一昨年、昨年とフレーベルの積み木でした。




そんなこんなで、当初の予定としては、今年のプレゼントもフレーベルの積み木
「ジグザグ+カーブ+半球が1/3ずつ入っているセット」にしようかと
思っていたのですが、最近レゴばかりで積み木を触らない…。
しかも、抹茶は「サンタ=積み木しか持ってこない」と思っているふしありで、
ここはひとつ、もう少し夢のあるものをあげた方が良いのかと、再考。
一応、フレーベル積み木以外の候補としては、

* キュボロスタンダード
* レゴWeDo
* パーフェクトグローブエリート
* コオロギシロフォン

なのですが、どれもこれも抹茶には少し早いような気もします。
とりあえずあげてみてダメなら押し入れにしまえば良いとも思いますが、
せっかくのクリスマスプレゼント。
出来れば、今の時期にぴったりのものをあげたいのです。
木琴なら大丈夫かな?と主人に相談すると、「まだ加減が出来ない可能性があるから、
住宅事情を考えると、引っ越しをしてからの方が良い」と、苦言を呈されましたし…。

それならいっそ抹茶に決めてもらおうと、「サンタさんに持ってきてほしいプレゼントってなに?」
と聞いてみれば、こんな現実的な意見が返ってくる。(笑)

「うーん、今着ているコートが少し小さくなってきたから、新しいコートかな」
「そうか。あのコート、去年に買ったコートだもんね。でも、それならママが買ってあげるよ」
「うーん、じゃあね、今履いてる靴も少し小さくなってきたから、新しい靴かな。
今履いている靴と同じで大きいやつ」

それもママが買ってあげるよ…と言いたくなる気持ちを抑え、結局いつもの運動靴、
アシックスのGD.RUNNERMINI MG-TRをクリスマスプレゼントとすることにしましたよ…。
お財布に優しくて助かるけれど、そんなんでいいのか抹茶!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
09:38 | 日常
comment(6)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。