スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 絵本の選び方

みなさんは、どんな方法で絵本を選んでいますか?

「知育教具、おもちゃの選び方***その2」同様、今ではネットで情報も手に入れられますし、
絵本選びも多岐にわたっていますよね。
配本を選択するのも迷わずに済むので良いと思いますが、私は自分で選んでいます。
今日は、絵本選びに迷ってしまう、という方のお役に少しでも立てれば…と思い、
「選び方」をざっとまとめてみることにしました。

●ネット情報

ネット情報は、出版社ホームページ、絵本サイト、アマゾンレビュー、等色々ありますね。
中でも、私の一番のおすすめは「絵本ナビ」

各出版社のホームページでも、対象年齢別おすすめ絵本が紹介してあり、参考になります。

福音館 おすすめ本ガイド
偕成社 対象年齢別おすすめ本
くもんのすいせん図書

●ガイドブック

絵本のガイドブックも何冊かありますね。

「幸せの絵本」   

こちらは、前出の「絵本ナビ」主催、金柿さんの手に寄る絵本ガイド。
日本中のお父さんお母さんの声をもとに作ったもので、はらぺこあおむし、
ぐりとぐら、100万回生きたねこ、じゅげむ、スイミー、バムとケロ、
など新旧織り交ぜた絵本100冊を紹介。
「幸せの絵本2」もあり、合わせると200冊のおすすめ絵本ガイドになります。

「絵本屋さんが選んだ絵本100冊」

別冊太陽からは、他にも何冊か絵本ガイドが出ていますが、
こちらは目利きである絵本屋さん選定の絵本ガイド。
しろくまちゃんのほっとけーき、うずらちゃんのかくれんぼ、ちいさいおうち、
てぶくろ、などこちらも新旧織り交ぜた絵本100冊の紹介です。

「ちひろ美術館が選んだ親子で楽しむえほん100冊」

国内外の絵本30,000冊を揃えるちひろ美術館の絵本ガイド。
三びきのやぎのがらがらどん、モチモチの木、どろんこハリー、
あおくんときいろちゃん、などこちらも名作絵本100冊の紹介です。

他にも、東京子ども図書館セレクトの「私たちの選んだ子どもの本」、
「松居直のすすめる50の絵本」などがありますが、どの絵本ガイドも
取り上げている作品は似通っているな、と感じます。
それだけ絵本の世界では、名作が根強く支持されていることなので、
名作を集めた絵本ガイドもまた、不朽のガイドとなるのでしょう。
昨今は、無料であるネット情報に溢れているので、ガイドブックを買う必要性は
薄くなりますが、一家に一冊ガイドブックがあると、次に購入する絵本を子どもと
話し合いながら決められるので便利ですよね。
そんな贅沢なひと時を生んでくれるなら、絵本ガイドはガイドでなく、
絵本としての役割を持つのかもしれません。

…と、こんな記事を書いておいて、実はワタクシ、ガイドブックを1冊も持っていません。(ゲッ!)
何度か手に取ってページをめくってみたのですが、大抵ガイドブックの選定は定番物で、
『あ~、持ってるな…』という気分にさせられることが多いのです。
もちろん、これから絵本を探そうという方には良いと思いますので、
絵本のガイドブックはできるだけ早いうちに購入を!という経験談でした。

●無料リスト

CIMG0372.jpg

リストや目録は書店や小児科、役所などで手に入ることもありますが、
出版社に資料請求すると送って頂けるはずです。
しかし、出版社のリストや目録は、当然ながらその出版社のみの作品が並びますので、
ほるぷこども図書館の写真の方が良いかもしれません。
目を凝らすと、おおよそわかります。(笑)

ほるぷこども図書館

言わずと知れた 「ほるぷこども図書館」。
みなさん一度は検討し、この写真を眺めた事があるのではないでしょうか。
購入している方も多いと思いますが、私の場合は、資料請求だけして
そのリストをもとに自分で買い集めるだけに終わりました。
当然、この買い方は、ほるぷ側からするとダメなのでしょうが、ノープロブレム。
私にとっては、数限りなくある絵本の中から「これ!」という1冊を選ぶ事そのものが
娯楽なので、その娯楽をほるぷに奪われたくないのです。
とはいえ、忙しい方にとって一度に送って頂ける便利さは、捨てがたいかもしれませんね。

しかし、なんといっても私のおすすめは、先に紹介した「くもんのすいせん図書」
ページの一番下に紹介されている「くもんの読書ガイド」です。
「冊子、送料分の切手が必要」とありますが、合わせても300円程度だったと思います。
この値段で650冊もの推薦図書を紹介している冊子は他にありません。
フルカラー、対象年齢別に各50冊、本の紹介文と表紙の写真付き。安い!
図書館や古本屋さんに行く時、鞄に忍ばせられる手頃な大きさも素敵です。

●勘(笑)

勘は大事ですよね。
サイトやリストで紹介されている絵本を検討することも多い私ですが、
最終的には好み、勘で決めています。
とはいえ、ある程度の絵本を手にした経験からか、絵本選びの「目」は
それなりに養われたような気が…。
古本屋さんで適当に選んだ絵本が、ル・カインによる絵だったりすると、
ちょっと嬉しくなりますね。私の目もまんざらじゃない、と。(笑)
(注:ル・カインは、絵本により作風、タッチを変えるので気付きにくいのですよ)

抹茶自身に選ばせる時は、抹茶の意思を尊重し、彼女が手に取った絵本を買います。
その時は、私が中身を読んで確認する事はありません。抹茶の自由です。
それでも、意外とはずれが少ないのは、抹茶自身がある程度絵本を読んできた
勘なのかもしれません。
抹茶はテレビを全く観ないので、アニメ絵本に心奪われることはあまりなく、
書店に平積みされている絵本は季節ものや良書が多いので、意外と当たりなのです。

借りる絵本に関しては、抹茶の通う保育園で毎週末に一人2冊まで絵本や紙芝居の
貸し出しがあるため、それを利用しています。
図書館が少し遠いので、この「保育園の絵本貸し出し制度」は大助かり。
この時に借りる2冊も抹茶が自由に選んでいますが、たった2冊決めるのに時間が
かかる事もしばしばです。
悩んだ割に、先週借りた絵本と同じものだったりしてツッコミを入れたくなったり。
しかし、これも気に入った絵本に出会えた幸運ととるべきなのでしょうね。
年齢にそぐわない絵本を選んだり、先週と同じ絵本を選ぶ子どもに対し
注意している方も多く見かけますが、たった2冊の絵本くらい好きに選ばせてあげては…
と感じます。子どもの直観は意外と当たっていますし、仮に「まだ早い、難しい」
という絵本を選んでしまったとしても、それはそれで良い経験になると思うのです。




長々と書いてきましたが、みなさんは、どんな方法で絵本を選んでいるのでしょう?
きちんと考えている方も多いと思いますが、私は直観型ゆえ適当に済ませてきました。
それでも、それなりに良書といわれる絵本が集まったので、細かいことを気にせず
気に入ったものを揃えていけば良いのだと、今では感じています。

それにしても、今日の記事は長かった…
どうにも役に立たない記事をここまで読んで頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:35 | 絵本
comment(2)     trackback(0)

 我が家の絵本册数

我が家に絵本は何冊あるのか…
結構な数なので、詳しく数えた事はないのですが、ざっと500冊以上でしょうか。
図鑑や子ども百科事典を入れると、もう少し増えます。
この500冊という数が多いのか少ないのか、私には知る由もないのですが、
抹茶の本棚を見た方は、みなさん口々に「すごい数の絵本だね~」とおっしゃるので、
多い方なのかな、と思います。

とは言っても、抹茶は何も習い事をしておらず、その面ではお金がかかっていないので
絵本はその代わりに与えている形、となります。

そうなのです。
自己紹介にある通り、我が家は何の習い事もしてきませんでした。
4人に1人(5人に1人?)が受講しているともいわれている、
「こどもちゃれんじ」すらとっていません。
現在、習い事(通信教育含む)をしている幼稚園児は7割にものぼるそうです。
幼稚園年長さんともなると、2つ以上の習い事をしている子は約半数。
多いですね。

そんな教育事情の中、抹茶には小学校まで何もさせない予定の我が家…
その理由はいくつかありますが、一番大きな理由は「時間」です。
抹茶は保育園児のため、基本的に時間がないのです。
土日は時間も取れますが、たまの休みくらいお友達と遊んだり、
好きな事をさせてあげたいと考えています。
もちろん、これから抹茶が強く望めば、一つくらい土日の習い事を
入れるかもしれませんが、今のところ予定はありません。

習い事1種類のお月謝は、5千円~1万円程度ですから、我が家の場合、
その分全てが絵本代となり、こうすることで1ヶ月に5冊以上は購入している形に
なるでしょうか。
もちろん、図書館を賢く利用すれば、このお金も節約できるのですが、
私は「古本でもいいから、本は買うもの」としているため、ついつい財布の紐が
緩くなってしまいます。
(絵本は私も大好きなので、買う事によりストレス発散をしている感も否めませんが!)

これから少しずつ、選定図書やほるぷ図書館選定の「お墨付き絵本」にとらわれない
絵本の紹介をしていけたらな、と思っています。
(あ、もちろん私と娘の主観ですよ!)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
10:44 | 絵本
comment(6)     trackback(0)

 クリスマスの絵本

虹色教室通信で、クリスマスの絵本が紹介されていますね。
おうちで幼児教育のブンははさんも記事で取り上げていらっしゃる
「サンタクロースと小人たち」。
残念ながら、この絵本は手元に無いのですが、他に何冊かありますので、
我が家のクリスマス絵本をご紹介したいと思います。
誰も望んでいないとは思うのですが(笑)、絵本のカテゴリー0というのも
淋しいので、ご了承くださいませ!

CIMG2599.jpg

手前右から時計回りに

「あのね、サンタの国ではね…」(原案/松本智年 一色恭子  文/嘉納純子  絵/黒井健)
「サンタさん ありがとう」(作/長尾玲子)
「きのいいサンタ」(作/さとうわきこ)
「のうさぎ村のクリスマス」(作/マリー・H・アンリ)
「メイシーちゃんのクリスマス・イブ」(作/ルーシー・カズンズ)
「さむがりやのサンタ」(作/レイモンド・ブリッグズ)

「メイシーちゃんのクリスマス・イブ」が2~3歳向きで、
あとの絵本は3~5歳向きでしょうか。
(「きのいいサンタ」と「さむがりやのサンタ」は漫画です)

ちなみに、私のおすすめは、この2冊。

CIMG2597.jpg

「ゆかいな ゆうびんやさんの クリスマス」(作/ジャネット&アラン・アルバーグ)
「サンタのたのしいクリスマス」(作/デリ・ロビンズ  絵/ジョージ・ブキャナン)

「ゆかいな ゆうびんやさんの クリスマス」は、今の時期、
書店でも平積みにされている事が多いので、みなさんご存知かもしれません。

クリスマスイブにゆかいなゆうびんやさんがやってきます。
最初は4匹ぐまのロッジ。次はあかずきんちゃんのお家…
さぁ、どんなお手紙が届いたのでしょう?
封筒の中に楽しいカード、すごろく、パズルなどが入った絵本。


対象年齢は、大体4歳くらいから~でしょうか。
クリスマスの仕掛け絵本としては、ロバード・サブダが有名ですが、
これも一種の仕掛け絵本ですので、お友達のお子さんへプレゼントするのに良いかな?
と思います。(サブダより安い1,890円ですので…)

もう1冊の「サンタのたのしいクリスマス」は、お母さんにおすすめのクリスマス絵本。
とても素敵なアドベントカレンダーやクリスマスカードの作り方が乗っているので、
子供と一緒に作ると楽しめそうですよ。
型紙も付いているので、工作が苦手な方でも安心。
(アドベントカレンダーは私も作りたかったのですが、時間がなくて無理でした…とほほ)
5歳以上で工作の得意な女の子にもおすすめです。

と、なんやかんやいっても…
2~3歳のお子さんには、やはりこれ↓かもしれませんね!

CIMG2598.jpg

アンパンマンのクリスマス絵本は何冊かあるようですが、
この「アンパンマンとメリークリスマス!」は、表紙を開くと大きなポスターになり、
アンパンマンキャラが勢揃い。
中扉には、作者やなせたかしさんからのカードも入っていて、特別感があります。
アンパンマン好きなお子さんには、喜ばれる事請け合いです。
抹茶も2歳の頃、この絵本が大好きで、毎日のようにポスターのキャラを言わされました…
4歳になった今でもこの絵本はお気に入りで、最近また読まされていますから、
よほど好きなんでしょうね。
さすがに、最近は、お気に入りキャラを二人言えば許してもらえますが…(苦笑)

*余談ですが、アンパンマンの絵本は、アニメを絵本にしたものではなく、
やなせたかしさんが描かれたものの方がおすすめです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

05:30 | 絵本
comment(0)     trackback(0)
back | HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。