スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 なんじだポン!

ズバリ、抹茶はまだ時計を読めません。
読み書き計算はまだしも、時計を読めないと小学校生活に支障を来すので、
来年の春までには教えておかないとな~と思っていた矢先、
「ごゆっくりさん」の yoshikoさんから、「良いのがあるよ!」と紹介して頂きました。

なんじだポン

CIMG1176.jpg

虹色教室通信でも紹介されていた、噂の知育玩具です。
イタリア製なので、定価はそれなりにするはずですが、質流れ品?なのか、
新中古品(とはいえ、箱の劣化はヒドイ)を激安価格でゲットしました。

パチンコのように玉をはじくと、時計の針が動きます。
日本製にはない、雑な作りも一興です。(笑)

CIMG1177.jpg

短針は赤いそろばん、長針は分数パズルのようなもので表します。
この、短針と長針を全く別の要素で表現する、というのは変わっていますよね。

CIMG1178.jpg

時計絵本は我が家にも何冊かありますが、それほど面白みを感じられません。
まして、時計のワークなんてつまらないものがほとんどです。
その点、この「なんじだポン」は、ひたすらパチンコを叩いていくという
単純性と必然性が面白く、子どもを夢中にさせるんですね。

視覚に訴える知育玩具なので、特に抹茶のような子にはナイス!な一品でした。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
08:31 | 知育玩具、おもちゃ
comment(0)     trackback(0)

 折り紙で算数遊び、1/5と1/7

折り紙で算数遊び、分数の基礎に「1/5、1/7はどうやって折るのか?」というご質問を頂きました。
(コメント欄では写真が貼れないので、記事にしてしまいます)

えーと、まず縦に8等分し、開きます。
そして、左から5番目の折り線で折ります。

CIMG1318.jpg

1/7にしたい時は、左から7番目の折り線で折ります。

CIMG1318 のコピー

開くと、縦線と斜線の交点が出るので、その点を基準にして折れば完成!です。

CIMG1319.jpg

CIMG1202 のコピー





いや、タネを明かせば特別どうということもない話なのですが、
意外に盲点ですよね。(少なくとも私はそうでしたー)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
11:24 | 算数
comment(8)     trackback(0)

 紙を半分に折る限界はいったい何回なのか?

「どんな大きさ・厚さの紙であっても半分ずつに折っていくと8回で限界が来る」
という俗説?があるそうです。
最近、アメリカのMythbusters(邦題は「怪しい伝説」)という番組で、
この俗説?を検証すべくチャレンジが行われました。


抹茶はこの話を主人から聞き、「やってみたい!」と大はしゃぎ。
早速我が家でも取り組んでみました。

最初は折り紙。
…なるほど。どう頑張っても6回が限度。

A4上質紙。
…なるほど。どう頑張っても7回が限度。




それなら、家にある紙で一番薄い紙を使ってみよう!ということになり、
トイレットペーパーご登場。
当然薄い方が記録は出ますから、Wロールを分離させ、極薄の1枚にします。

1回、2回、3回…どんどん短くなるトイレットペーパーに、
「え~!すぐ短くなるね~!!!」と驚いている抹茶。プププ。

実験結果を簡単に(私が)まとめたものがこちらです。

CIMG1199.jpg CIMG1198.jpg

流石、トイレットペーパー。
9回なんて、なかなかやるぜ!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
09:19 | 算数
comment(0)     trackback(0)

 折り紙で算数遊び、分数の基礎

「イメージで算数遊び、分数の基礎」の続きです。
分数の基礎を感じるべく折り紙で算数遊びの巻。

言葉で書くより写真の方がわかりやすいと思うので、写真を貼りますね。

CIMG1194.jpg

1、1/2、1/3

CIMG1195.jpg

1/4、1/6、1/8

CIMG1196.jpg

1/9、1/12、1/16

CIMG1197.jpg

当初、ここまでしか作っていなかったのですが、通りかかった主人から
私にツッコミが入りました。

「1/5、1/7、1/10がない」
「うん。でも、作るの面倒なんだもん」
「簡単だよ。折り紙で正確に折る方法があるから教えるよ」

みなさんご存知でしょうか?
私は知りませんでした!
縦に八分割した短冊を作り、交点を折れば、1/5も1/7も簡単にできるんですねぇ。
ちなみにこの折り方、主人はその昔に自分で考えだしたそうです。(>何のために?)

そして、こちらがワタクシ覚えたての  1/5、1/7、1/10  でございます。

CIMG1202.jpg

最終的には、ハサミで切り離して、パズルのように遊びました。

CIMG1201.jpg

抹茶は手を動かしながら考える事が好きなので、分数もこのような導入が
一番向いているだろうと感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
10:08 | 算数
comment(5)     trackback(0)

 イメージで算数遊び、分数の基礎

いつもの算数クイズです。
抹茶が「いつものと違うのがいい~。新しいやつにして」と言うので、分数問題にチャレンジ。

「抹茶が毎年食べるお誕生日ケーキやクリスマスケーキって丸いよね」
「うん、丸いね~大きいね~」
「では、その丸いお誕生日ケーキを8個に切るには、何回包丁で切れば良いでしょうか?」

この問題は初めてだったので、私は抹茶がどんな風に解くのか興味津々で眺めていました。

「そんなの簡単だよ~。こう、こう、こう、こう!(身振り手振り)えっと、だから4回だ!」
「正解~。8個に切ったうちの一つが1/8だね」
「1/8~」
「じゃあ、4個に切るには何回包丁で切る?」
「2回でしょ!」
「正解~。じゃあ、何分の一かわかる?」
「4個だから~、えっと1/4!」
「お~、わかってるね。正解~」

「ハイ、もうおしまい。寝ようね」と、電気を消してしばらくすると…、
再び抹茶が質問してきました。

「ね~、さっきのあれって、1/4と1/4を合わせると1/2になると思うんだけど、合ってる?」
「お、よく気がついたね。そうそう、1/4と1/4を合わせると1/2になるよ。
でね、1/2と1/2を合わせると~、なんと1になります!
半月と半月を合わせるとま~るいお月様になるじゃない?それと一緒ね。
「これとこれが合体するんだよね(身振り手振り)」
「そうそう、チャラララチャッチャチャ~ン!(注:ドラクエのレベルアップ時の音楽)て感じね」
「抹茶、もっとこれやりたいな~」
「う~ん、でももう遅いからね。折り紙で分数を作るとわかりやすいから、明日折り紙でやろう」
「うん!あ~楽しみだな~。一杯作ろうね!」

ということで、折り紙編へ続きます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
09:54 | 算数
comment(2)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。